2021年03月09日

自己紹介 李ほんぜ

はじめまして。
今回ブログを担当させていただきます法学部法律学科1年李ほんぜと申します。
慶應義塾高等学校ではボクシング部に所属しておりました。
高校時代は同期が全国ベスト8や関東大会準優勝など華々しい成績を残している中、僕は怪我が相次いで試合に出場することもできず引退することとなってしまいました。そんな不完全燃焼で僕のボクシング人生を終わらせたくないので、僕は大学でボクシングを続けようと決心しました。目標である2部優勝、早慶戦8連覇に向けて日々練習に取り組んでいますので、応援の程よろしくお願いいたします。

大学でボクシング部に入部したもう一つの理由として、リーグ戦や早慶戦などのチーム戦があることです。高校時代、先輩方のリーグ戦の試合を観て、チームで勝利を目指しチームで喜び合う姿を見て強い憧れを持っていました。自分がチームを勝たせるんだという強い気持ちが外からでもすごい伝わってきてかっこいいなと感じました。今度は僕が慶應を勝たせるんだという強い気持ちを皆様にお見せしたいです。

これにて僕の自己紹介を終わらせていただきます。次はカネロ選手が大好きな1年の大中君です。

posted by 慶應ボクシング at 17:21| ブログ

2021年02月26日

僕のリアルで幻想を創る 安部飛雄馬

1年の安部飛雄馬です。まずは昨年の早慶戦で応援してくださった方々に感謝を申し上げます。このご時世の中、無事に早慶戦が開催されたのは多くの方々の努力があったからだと思います。そう考えると、自分が出る試合は自分だけの勝負ではなく、チームや自分を応援してくださる全員の勝負であるため、実りのない試合はできないなと感じます。これからも1つ1つの試合に対して全身全霊をかけて闘うことをここに誓いたいと思います。よろしくお願いします。

僕は幻想とリアルが共存したものが好きです。物語でもフィクションだけど所々現実のことを描いていたり、設定はぶっ飛んでいるのに実世界でもありうる人間模様を描いている作品に惹かれます。最近はコロナの感染症の影響なのか、人類が何かしらの影響で危機的状況に陥った時にそれぞれの人々の心情が揺れ動く様やそれでも危機的状況に向き合って戦っていくストーリーの作品が流行る傾向にあるなと思いました。僕も今際の国のアリスや呪術廻戦などNetflixで流行っている作品を観て面白いなと感じました。今際の国のアリスと呪術廻戦の2つの作品を観て、僕は人間の弱さと強さに触れることができました。その弱さの部分は人間誰しも生きていればどこかで直面し、直面した時にその強さの部分を出さなければならないと思っています。僕はこの長い人生の中ではとても小さなことですが、ボクシングで弱さの部分に直面することがあります。ボクシングでは自分がいて、相手がいて、審判がいます。自分やチームが勝つために、目の前の相手と戦います。目の前の相手に勝つためには、まず試合前までに自分やチームと向き合わなければなりません。様々な試練を乗り越え、自分やチームの弱い部分に打ち勝って、初めて相手と向き合います。この時点で9割勝敗が決まっていると言っても過言ではないと思います。相手に勝つためには、審判に自分の方が相手にパンチを当てて且つ魅せていたと思わせる必要があります。ボクシングという競技は、そのラウンドで勝った方に10点、負けた方に9点を与えるという点数の数値化はあるものの、そのラウンド内ではサッカーやバスケのようにゴールを決めて点数を取り合っているわけではありません。審判がそのラウンドを見た結果勝ったと思う方に10点つけます。例えばそのラウンドの中で前半相手が魅せていても、後半自分の方が魅せていれば、印象に残りやすい後半魅せていた自分の方が有利だと考えられます。ボクシングは闘いであり、演技でもあるんです。試合までの日常で自分が行なってきたリアルを相手にぶつけ、勝利の幻想を創りあげる、ボクシングは現世にある最高のエンターテーメントです。僕はそれをまず慶應の人、そして世間の人に知ってもらえるよう自分ができることからやろうと努めています。楽しいです。
IMG_4275.JPG

読んでいただきありがとうございました。次は僕と同じ1年で慶應ボクシング部のフェニックス、ホンゼくんです。
posted by 慶應ボクシング at 00:47| ブログ

2020年08月28日

自己紹介 井田絢子

はじめまして。

今回ブログを担当させていただきます経済学部3年井田 絢子(いだ あやこ)と申します。

慶應義塾湘南藤沢高等部出身で、高校では弓術部に所属しておりました。


弓術部、聞き慣れない方もいらっしゃるかと思います。體育会に組織され、一般的には弓道部と呼ばれている部活であります。そんなかっちりした部活にいた私ですが、本当はおちゃらけた活発ガールで、最近マスクをして友人と駅で井戸端会議をしていたところ、偶然別の友人が通りがかり、「声だけで井田だと分かった」と言われてしまいました


おそらくこの声の大きさは、チアリーディングで培われたのではないかと思っております。本来の自分は落ち着きのある女の子であると信じたいです。今記しましたように、私は大学入学当初から昨年までチアリーディング部に所属しておりましたが、資格試験勉強や就職活動に専念しようと思っていたため退部を決意いたしました。そんな矢先、世間は新型コロナウイルス流行一色に。


アルバイトを2つしながらチアリーディング部に所属していたくらい活発だった私は、相次ぐ資格試験中止に伴い人生で初めて暇を味わいました。そこでもう1度、学生でしかできない「仲間と同じ志をもち何かを成し遂げる」ことをしたいと考え、同クラスの上田くんや、同ゼミの佐藤さんに声をかけてもらい入部させていただきました。


この時期の入部を快く迎えてくれた先輩、同期、後輩にはとても感謝しております。「仲間」にとても恵まれました。


まだまだ不慣れなことも至らないことも多いですが、貢献できるよう精一杯頑張ります。また、選手と一緒に筋トレもし、実践型のマネージャーにもなれるよう励みます!! 


長々と申し訳ございませんでした…。

以後新入部員によるブログが続きます。

どうぞお付き合いください。

お次は根本さんです!

posted by 慶應ボクシング at 19:00| ブログ