2016年12月19日

終わり良ければ全て良し。

大掃除も終わり、これから大学生は長期オフに入ろうとしています。僕は、迫り寄せる忘年会シーズンに向けて体調を崩さないよう必死です。
さて、先日日吉記念館にてボクシング早慶戦が行われました。結果は………

4対3で慶應の勝利!!!
個人的にも勝ち、チームの勝利に貢献できたことはとても嬉しく思いました。

早慶戦後のレセプションで僕は、「終わり良ければ全て良し」と、佐藤監督がよくおっしゃっている言葉を拝借し、スピーチさせていただきました。 
今年一年間の僕のボクシング生活にぴったりの言葉です。

僕は今年のリーグ戦初戦で大怪我を負いました。自分の甘さから招いた怪我だと思っています。そのことでチームには本当に迷惑をかけました。 リーグ戦期間中、リングの上で活躍する同期の姿を見て、嬉しい気持ちもありましたが、正直な気持ちを言うと、悔しくてたまりませんでした。
リーグ戦を今年も4位という結果で終えて、みんなが喜んでいる中、自分は一緒に喜んでもいいのだろうか、この部に自分の居場所はないんじゃないかと考えるようになりました。 そんな中、自分のポジションを受け入れるのには時間がかかりましたが、そんな時に救いの手を差し伸べてくれた方々には感謝の思いで一杯です。

後半シーズン、自分なりに精一杯努力した結果、関学戦早慶戦共に出場し勝利できましたが、その過程で沢山の事を学びました。その内の3つをここに書きたいと思います。
1つ目は、掲げた目標から逆算して、今の自分の課題をしっかりと把握すること。2つ目は、言葉は悪くなりますが、コーチの方々を上手く「使う」こと。自分の課題から、自分が今なにをやりたいのかをコーチに伝えて、積極的にミットを持ってもらったりアドバイスを頂く事が成長への一番の近道だと感じました。最後に、成功している自分を頭に思い浮かべること。 自分で自分を信じて、絶対に夢を叶えるんだと強く思っていることが大事だと思いました。

今年一年間、辛いと思うことの方が多かったと思います。ただ、この一年間が僕を成長させてくれました。 
5月の写真とこないだの早慶戦の写真です。
image-90c3b.jpeg
image-440e3.jpeg
ここまで対照的な写真が一年の中で撮れるのは珍しいですね笑 
監督にはいつも怒られてばかりですが、早慶戦後は、久しぶりに褒めて頂き、嬉しいと思う反面、どこか調子が狂うところがありました笑
来年度もたくさん叱られると思いますが、必ず期待に応えて、二部Aクラス入りを果たします。
本当に、終わり良ければ全て良し、と思わせてくれる一年でした。
長文、失礼致しました。
posted by 慶應ボクシング at 17:07| ブログ