2018年05月07日

新入生自己紹介 上田竜司


はじめまして。

今回のブログを担当させていただきます、経済学部1年の上田 竜司(うえだ りゅうじ)です。

私は幼稚園の年長さんから中学2年まで極真空手をやっていました。
小学1年の全国大会でかの有名な那須川天心と2回戦にて激突、開始13秒で瞬殺されました。その時から強かったのですね彼は。昨夜のRIZINでの彼の試合をYouTubeにて拝見しましたが、あのカウンターでの胴回し回転蹴りは大迫並みに半端なかったです。
また中学2年のとき、私はなんやかんやでインド代表として、極真空手の全世界大会に出場。そしてその大会をもって、一旦極真空手から離れました。

私は正直自分の運動神経には多少の自信を持っていました。実際、インドでの5年間(小4〜中3)ではあらゆるスポーツに関わる機会があり、またその多くである程度の結果は残せていたので、もし一つのスポーツに絞って練習すれば自分はプロの域にいけると当時は本気で思っていました。
しかし帰国後、満を持して入部したサッカー部で、超攻撃的サイドバック、自称「国際のマルセロ」として3年間サッカーに勤しみましたが、思うような結果が残せず引退しました。淡々と書きましたが、これがとても悔しかったです。

サッカー部の引退後、このままでは終われないという気持ちから再び格闘技へ、また父の影響から今度はボクシングでの挑戦を決めました。
私が勤しんできたものの中で最も年月があるものは格闘技です。小学4年からインドに引っ越したため、その後は練習環境のクオリティは低下したものの、9年間の格闘技歴があります。多少のブランクはあるにせよ、人生の約半分のキャリアなので、自分のプライドにかけて、やるからには負けたくないです。
ボクシングで自分がどこまでやれるのか、おそらくスポーツにおいては人生最後の挑戦となるこの大学の4年間でどこまで這い上がれるのかを試してみたく、入部を決意致しました。

そのように高校3年時、意気込んでおりましたが、まさかの浪人というアクシデントがあったため、1年入部が遅れてしまいました。しかし、その分募った1年越しの想いがやっと叶ったので、今人生楽しいです。

まだまだ未熟な自分ではありますが、口だけの男で終わらないよう力の限り努力しますので、どうぞ応援のほどよろしくお願い致します。


次のブログ担当は、ガタイがいい大野君です。
posted by 慶應ボクシング at 23:58| ボクシング