2018年10月31日

先見の明

こんにちは。江嵜です。
私の前にブログを担当した井上がラーメンを食べながら減量出来る方法を募集しておりました(前回ブログ参照)。そんな悩める井上に日吉の某超人気ラーメン店にてアルバイトをしている私がオススメしたいのは、我が店舗が誇る(?)『こんにゃく麺』です。なんと、私が働く某超人気ラーメン店では別途100円で小麦の麺からノンカロリーのこんにゃく麺に変更できます。油ギットギトなスープはそんままですが、炭水化物だけは抜く事が出来るのでオススメです(^ω^)

そんな訳で本題に移ります。
先日東京地裁で福島第1原発を巡る業務上過失致死傷で起訴されている3人の元経営陣の公判がありました。3人とも日本のダメ親父特有の責任逃れ押し付け合いの酷い言い分だったみたいです。これから近い未来大地震の発生が確実視されてる中、日本の行く末が心配になってしまいますね。

これはあまり知られていない話なのですが、東日本大震災による大津波にて福島第1原発が甚大な被害を受けた一方、宮城県の女川原発は津波の被害を防ぎ切りました。15メートル級の津波にも耐え切れる堤防を女川原発は備えていたのです。

津波を防いだ堤防を先見の明によって作らせたのが私の曽祖父、平井弥之助氏(下掲写真)(wiki: https://ja.m.wikipedia.org/wiki/平井弥之助)です。地元宮城出身の弥之助氏は貞観地震、慶長三陸地震時に発生したとされる大津波の記録に基づき、1968年当時着想段階だった女川原発の堤防を約15メートルにするよう強く主張し実現させます。(これがなかったら女川原発は第2の福島第1原発となっていました)
DD9143EF-D766-4E44-A5AB-9471B54EA24D.png

50年前の弥之助氏の功績によって女川原発は被害から免れました。しかし、世間は被害があった原発やそれに関する責任追及の方に興味があるらしく曽祖父の活躍を知る人は少ないようです。しかし、私は世間の周知や評価を受けることなく、ひっそりと日本を救った弥之助氏を非常に尊敬しております。

日本人は嫌な事は先送りして、ない事にしようとする癖があるように思います。しかし弥之助氏のように途方も無いように思える将来を強い使命感を持って見定めなければ、福島第1原発事故のような大きなツケを払ってしまう事になります。

これは私たちの日常生活でも言える事です。特に我々学生は嫌な事(授業、試験)から逃げて、遊んでしまいがちです。弥之助氏のように自分たちの将来の姿や行く末をしっかりと想像しながら、学業やその他の活動に取り組まなければならないのです。

そしてそんな事を書いている曽孫の私は前学期、『災害復興法』の授業を落単いたしました。偉大な曽祖父に土下座して謝らなければならないですね。

ということで、私と同じく弥之助氏の考え方や使命感を踏襲すべき北岡秀石が次の担当です。お楽しみに。
posted by 慶應ボクシング at 12:18| ブログ

2018年10月28日

最近の趣味

こんにちは。今回ブログを担当させていただく3年井上慈元です。減量も終わり食欲の秋を堪能している最中でございます。
特に書くこともないので、最近ハマっているものを紹介しようと思います。
私が最近ハマっているものは、二郎系ラーメンです。分厚いチャーシュー、ボリューム満点な麺、コクのあるスープ、すべてが最高で毎日食べたいぐらいです。
先週は、五日連続ラーメンを食べ、糖尿病コースへまっしぐらです。ラーメン屋ですらない小さな離島出身の私にとって、二郎系ラーメンはコスパもよく、最強の食べ物です。次の試合に向けてラーメンを食べながらでも減量できる方法を模索中です。皆様、良い方法があれば、ぜひとも私に教えてください。宜しくお願いします。
次は、新副将の江崎です。
posted by 慶應ボクシング at 20:18| ボクシング

2018年10月07日

新入生自己紹介 宮地綸

はじめまして。
宮地綸と申します。出身高校は慶應義塾高校です。
ボクシングをはじめたのは高校からで、中学の時はラグビーをやっておりました。始めようと思ったきっかけとしては、元からボクシングに興味があり、高校では何か新しいことをやろうと考えていたからです。
入部の時期なのですが、自分は高校のボクシング部を引退後は、1年間遊んでから大学のボクシング部に入ろうと前々から考えていた為、9月中旬からの入部となりました。
続ける理由はやはり、高校時代に思うような結果を残せなかったからです。引退試合は1ポイント差で惜敗してしまいました。だからこの悔しさを大学で晴らせたらと思い入部しました。
大学では、高校時代果たせなかった気持ちの良い勝利をたくさん手にしたいと思っています。日々精進し続けます!
来週は大学三年生の方々です。お楽しみに。
posted by 慶應ボクシング at 17:45| ボクシング