2020年06月08日

高校3年 岸田佑介

初めまして。塾高ボクシング部3年の岸田佑介です。

出身中学は慶應中等部で、野球部と地理研究会に所属していました。

 

インターハイがコロナ禍によって無くなった関係で、高校生がブログを投稿させて頂くことになりました。

 

そもそも、今年のインターハイ予選は、オリンピック開催によるインターハイ本戦の分散開催の影響で、関東予選と、それを勝ち上がった先にある、関東大会の結果によって出場権が得られるという仕組みになっており、県ごとのインターハイ予選は開催されないことになっていました。

 

僕たちの代は、最後の地区大会である関東予選に向けて日々練習していましたが、この関東予選もコロナウイルスの流行によって開催されないことになりました。

 

僕個人としては、元々無いはずだったインターハイ予選が開催されないことに関しては悲しい、悔しい、といった思いは無く、仕方ないことだと思っています。

 

最近は、毎日のメニューや、学校からの課題に追われながら、様々なゲームをローテションして、同期のメンバーとオンライン上で麻雀やマインクラフトなどで遊んでいます。麻雀は奥が深く、覚えることが多いので、夢中になってしまいます。

 

一刻も早く新型コロナウイルスの流行が収束し、元通りの学校生活が送れるよう願っています。


次は米田さんです。

posted by 慶應ボクシング at 18:06| ボクシング