2018年03月17日

東京に家を持とう

みなさんこんにちは。
ついに杉山の登場です。
4年ブログも残すところ私とオリシキだけになりました。
たぶんオリシキが感動的な内容でラストを締めくくってくれると思うので私はいつも通り図々しくやらせてもらいます。

最後のブログに書きたいことは2点あります。
1つが後輩たちへのメッセージ、もう1つが支えてくれた方々への感謝です。

私が4年間で1番印象に残っている試合が2年前の早慶戦、私が早稲田の赤井主将に敗北した試合です。自分の負けでチームの敗北が決まり、監督にはもう団体戦では使わないと言われました。あの試合は自分でもトラウマレベルで苦い思い出になっています。私は3年に上がってからは団体戦ほぼ負けなし、個人でも関ブロまで進みましたが、原動力はあの敗北の恐怖です。インターバルのときもバック連打のときも佐藤さんミットのときも、きついときはそれを原動力にやってきました。たぶんそれぞれに自分を奮い立たせる原動力になるものがあると思います。きついときや折れそうになったときはそこに立ち返ってモチベーションをキープして欲しいです。
私自身ボクシング部の4年間振り返ったときにもっとやっとけば良かったっていう後悔の方が多いです。無理だとは思うけどそう思わないくらいにみんなにはやりきって欲しい。今年は日体倒せばやり切った感出そうだよね。仕事の都合上見に行けるかは分からないけど期待しています。

私は4年間選手として自分が試合に勝つことを1番に考えてきました。私が何も考えずにボクシングに打ち込むことができたのも、佐藤監督、コーチの方々、ボクシング部三田会の支えがあったからだと思います。またトレーナー、マネージャー、主務主将にも感謝しています。全く仕事をしない副将で申し訳ありませんでした笑。今年からは私が某不動産会社でがっつり稼いでOBとして現役のみなさんを支援したいと思っています!
たまに差し入れ行きます。

長くなってしまったのでこの辺で終わりにします。
最後まで付き合っていただきありがとうございました!
東京に家を持とう。
posted by 慶應ボクシング at 14:43| ブログ