2018年08月26日

独立自尊の夏

お久しぶりです。
重増からブログ更新を急かす奴と紹介された宮内龍ノ介です

突然ですが、皆さんは「ちゃんぽん教」という言葉をご存知でしょうか。

宗教学の先生いわく、
「日本人が一宗教に強い信仰心を持たず、様々な宗教を少しずつ取り込みごちゃ混ぜにして信仰している様」
を揶揄したフレーズらしいです。


ちなみにこれは決して
香川のうどん同様に長崎県民が1日3食ちゃんぽんを食べることや(そんなことないらしいです)
どうせ胃で一緒になるからと酒を何でもかんでも先に混ぜて飲むことでもありません(危ないのでやめましょう)。


確かに、日本人は仏教と神道のハイブリッドと言われながら、そこに儒教や道教の影響も多くみられ、昨今はキリスト教の祝日まで積極的に祝い始めるというカオスな状況にあります。

そこで、自分の宗教がぱっとせず、ちゃんぽん教に従うのも嫌なので、勉強すべく九州に行ってきました。
九州は神道発祥の地で、キリスト教が初めて伝わり、国東半島などでは仏教文化の中心地であるため、
様々な神社仏閣や教会、モスクを見ることが出来、非常に勉強になりました。

しかしそれら体験では、旅の目的だった宗教アイデンティティは見つかることなく、実際に気付かされたのは、大分は中津でした

そうです、福沢諭吉ゆかりの地です。
そこで改めて教育・教養の大切さ、自我作古と独立自尊の精神、諭吉先生の偉大さを感じ取りました。
福沢諭吉教、慶應義塾教であることを自覚し、塾生としての目的、慶應義塾で学ぶ意義を再確認する絶好の機会となり、
残りの学生生活、ボクシングに打ち込みながらも学問を怠らず、文武両道を全うしていこうと思えました。

部員一同、関学戦・早慶戦に向け邁進して参りますので、変わらぬご声援・ご支援のほどよろしくお願い致します、

長くなってしまいましたが、以上とさせていただきます。乱文にて失礼しました。

次にブログを書くのは、夏前に、自慢の鼻が曲がってしまった林くんです。

※これは決して慶應義塾好き、福沢諭吉教をアピールして大学に単位を懇願するものではありません。ただ先生の銅像の前で前期の単位取得を願ってきたので、天の力が働くことを期待しています。
DSC_2363.JPG
posted by 慶應ボクシング at 13:03| ボクシング