2019年03月19日

4年間を振り返って

こんにちは


4年の林麟太郎です。




先日、15万のパソコン、パスポート、財布等が入った鞄を置き引きされました。卒業旅行でアフリカ含め海外にも行きましたが、今のところ日本が一番治安悪いです。






今回のブログでは最後なので自分のことを書きたいと思います。




私は大学に入る前から体育会に入ることは決めており、どの部活に入るかを常に考えていました






 その中でボクシング部を選んだ理由は簡単です。


ボクシングであれば、殴られて痛い思いをしないように日々の練習をちゃんと頑張れるんじゃないかと考えたためです。中高の部活で特に努力もせず、微妙な結果で終わっている私にはちょうどいいスポーツだと思いました。


今考えると、その選択ができてよかったです。






部に入ってからの私は、体格に恵まれていたのもあり、デビュー戦にも勝ち、そこそこ順調な滑り出しを見せました。しかし、すぐに調子に乗る私は、一年も経つとすっかりと初心を忘れ、いつのまにか中高のようにただ部活に参加するようになっていました。すぐに油断するので。


そうなってからしばらくした大学2年生の夏の全日県予選の初戦、こいつには勝てると皆に言われた相手にあっさりと負けました。








この負けは単純に悔しかったですし、このままだとリーグ戦にも出れず4年間が終わってしまうと強い危機感を持って練習するきっかけにもなりました。




そこからは自分はどうしてこの部活に入ったのか、そしてなぜ続けているかを考え直しました。そして、どうしたら試合に勝てる選手になるかを考えるようになりました。


平日には小木曽さんや古山さんに構えやジャブの打ち方を1から教わり、また小笠原さんや徳山さんにずっと対人練習の相手をしていただきました。土日にはOBの方々の熱心なご指導もあり、段々とボクシングでどのようなスポーツなのか理解し、成長できるようになりました。




その後は試合にも勝てるようになり、団体戦でも段々と戦力になれました。


ボクシングは試合には勝敗しかなく、その結果で明確に自分の成長がよく分かるので、モチベーションを保ちやすく、いい競技だなと思います。




長々と自分の話をしてしまいましたが、まとめると、こんな痛いし辛い部活に入って続けている理由は必ずあるだろうからその理由を忘れないようにすることが大切ってことです。後、試合に負けた時は自分の部活への姿勢を見つめ直すいいきっかけになります。(リーグ戦のランカー相手とかは別、あれはあんな化け物無理だよでいいと思います)




長くなってしまいましたが、4年間を振り返って思ったことなので書きました。






最後になりますが、田口会長、佐藤監督をはじめ、OBOGの皆様には大変お世話になりました。精神年齢が低くいつまでも子供気分の私を指導するのは大変だったと思います。ありがとうございます。


そして全く遊んだことのない同期。仲はそんなに良くありませんでしたが、みんないい奴だったと思います。お陰で部室の雰囲気は良かったです。


後輩たちは頑張ってください。特に大学から始めた人、高校時代に結果残した奴らに勝つのは相当気持ちいいです。




卒業後は新聞記者になります。書いた記事を読んで頂けると嬉しいです。


文章を書く仕事に就くのに悪文で申し訳ありません。




次は宮内です


よろしくおねがいします


posted by 慶應ボクシング at 22:21| ボクシング