2019年03月29日

四年間を振り返って。

お世話になっております。
前主務の重増です。
学生最後のブログ更新をさせて頂きます。

先日部の追いコンがあり、ある後輩に「四年間部活を続けた先輩方だからわかる、最後までやり通してよかったことを後輩達に伝えてほしい。」と言われました。
今回は、私なりにそのことについて話そうと思います。

部活を続けたことで得た、私にとって最も大事なものは「繋がり」です。
引退してから、ふと自分は人に恵まれていると感じることが度々ありました。
その内の多くは、ボクシング部員も含め、体育会の仲間達といる時でした。

一つの競技に大学生活を捧げる部活動では、苦しいこと、辛いことが沢山あります。
しかし、同じように数々の苦労を経験をしてきた体育会の仲間達には、他の友達とはどこか違う特別な繋がりを感じます(言葉ではとても説明しづらいです)。
そんな風に部活の先輩方、同期、後輩達、そして他部活の仲間達といった繋がりができました。
それが私にとっての、四年間部活動を続けて良かったと思える一番の理由です。

部活を続ける中で、そして引退した時に、部活をしていてよかったと思えるポイントは人それぞれだと思います。
でも、一生懸命部活に打ち込んでいれば自分なりの良かったと思える点が見つかるのではないでしょうか。
特にボクシングは辛かったり、痛かったりということが多いと思います。
私も怪我をしたり、主務業が上手くいかなかったりと部活を辞めたいと思ったことも何度かありました。
それでもほんとに沢山の人のおかげで、引退まで続けることができました。
一人でも多くの後輩が最後まで部活を続けて、引退したときに「続けて良かった!」と思える何かを見つけてくれると嬉しいです。

最後なってしまいましたが、田口会長、佐藤監督をはじめ、OBOGの方々には大変お世話になり、誠にありがとうございました。

そして同期後輩の皆、本当にありがとう。
辛いことも沢山ありましたが、この部活を選んで本当によかったと思っています。

重増耕太郎
posted by 慶應ボクシング at 22:05| ボクシング