2019年06月23日

新入生自己紹介 藏前慎之輔

初めまして、今回ブログを書かせて頂きます、経済学部1年の藏前慎之輔(くらまえしんのすけ)と申します。東京タワーの下にある芝高校から参りました。

前回久我から紹介がありましたように、たしかに僕は中学まで8年間空手をやっていました。しかし、僕がやっていた空手は対人で行う「組み手」ではなく「型」であるため、格闘技は全くの素人であります。型は相手がいないため、自分自身との戦いであり、非常に精神面で鍛えられました。最終的に黒帯をとり、区切りをつけました。

僕がボクシング部に入部した理由は、ただボクシングをやってみたかったからです。初めは、大学で軽めに新しいスポーツをやってみたいと思い、新歓に行きまくり、サークルを必死に探していましたが、ピンとくるサークルがありませんでした。そこで、自分が一番やってみたいスポーツは何か再び考えたところ、格闘技でした。しかし、格闘技となるとサークルにはなく週6日練習の體育會となるため、かなり悩みました。4月いっぱい悩んだ末、やった事のないスポーツは楽しいかどうか分からないが、やらないで後悔するよりやって後悔する方が良いなと思い、長続きするかどうかは考えず、とりあえずボクシングを始めてみる事にしました。

実は僕は一浪で、また、合格最低点で慶應義塾に入る事が出来ました。そのため、今慶應でボクシングが出来ているのは何かのご縁だと思います。まだ何も分からない未熟者ではありますが、必死に練習に食らいついていきますので、宜しくお願い致します。

次のブログは、部活中黙っている瞬間がない、ムードメーカーの鈴木です。

posted by 慶應ボクシング at 19:55| ボクシング