2020年07月23日

#stayhome

平素よりお世話になっております。今回ブログを担当させていただきます、総合政策学部3年の松木健太です。2年ほど前の新入生自己紹介以来の投稿となります。お久しぶりです。

 

現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、部室での練習が行えず、また授業もオンラインとなっているので時間が有り余っています。なので最近は自分の趣味にありったけの時間を割くことが出来ます。そこで最近の私のおうち時間の一部を紹介したいと思います。

 

2年ほど前の新入生自己紹介でも書きましたが、私の好きな食べ物はホットケーキです。高校生の頃から減量中はInstagramでホットケーキの画像を眺めて、試合が終わった次の日に必ず1番気になったお店に行くことが楽しみでした。大学生になると時間に余裕ができて、母が起きてくるよりも先に自分で朝食にホットケーキを作るようになりました。また減量中に食べられるホットケーキを開発したと書いた記憶があります。

当然のことながら現在でもそれは続いていて、この自粛期間もほぼ毎日ホットケーキを自分で焼いて食べています。また、減量もないので、カロリーなどを気にすることなく食べることができます。そのため、僕の好物である午後の紅茶のミルクティーを牛乳の代わりに使って作ったり、フライパンで焼く代わりに炊飯器で作ってみたり、自分が一番気にいる物を作ろうと色々試しています。ホットケーキは少し調理方法を変えるだけで様々な味、食感、見た目を出すことができます。ホットケーキは調理方法は簡単で、とてもシンプルな料理だと思います。しかし少し調理方法や材料に手を加えるだけで様々な姿を表します。そこがホットケーキ作りの醍醐味かもしれません。ところでこれってボクシングに似ていると思いませんか?ボクシングも一緒で、足の使い方を変えたり、少し重心を落としてみたり、練習方法を変えてみたり。少し手を加えるだけでかなり変わって来ると思います。ホットケーキ作りもボクシングもセオリーにとらわれず、自分で試行錯誤することで自分に合ったものが見つかると思います。それこそが、僕がホットケーキとボクシングを好きな理由なのかもしれません。なんてことをこの間ホットケーキを焼いてる時に、ふと思いました。今度Twitterにでも、上手く出来たホットケーキの写真を上げてみようかなと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

posted by 慶應ボクシング at 08:01| ボクシング