2018年01月29日

いざ

本日の部員ブログは
商学部四年 小木曽 おぎそ が担当いたします。


私は四年間、高校コーチとして活動して参りました。OBの皆様にはなぜ大学体育会なのに高校コーチなのだ。と思われる方も多くいらっしゃると思いますし、私もこの四年間なぜ選手をやらないのか散々周りの人間にも聞かれて来ました笑

ですので、就職活動以外、誰にも話さなかった私が高校コーチを志したワケを簡単にご説明する形から現役最後のブログを始めさせていただきます。

私は高校2年生(表)よりボクシング部の門を叩きました。その当時高校ボクシング部は現在と異なり部員も数名で、大学と合わせても20名程しかいない小さな団体でした。

私はそのような環境の中で、インターハイに出て校内放送で 小木曽 の名前が呼ばれるために練習をしていました。
結局県予選決勝までいきましたが、二個下の選手に大差で敗れインターハイ出場は叶えられませんでした。

↑僕に勝ちインターハイにいった選手は
現在プロでも頑張っており、一度試合を見にいきました!がっちりfacebookも友達です


私は高校2年 表裏 高校3年の2年間を高校ボクシング部で過ごしました。
そして総体予選を終え、だらだらと引退生活を過ごしている時に、あるドラマを見ました。
そのドラマこそが、私が高校コーチを志した1番の理由です。

そのドラマとは、


ルーキーズです

鼻で笑われた方も多いとは思いますが、これにはワケがあります

ルーキーズを簡単に説明させていただきますと、
ヤンキー達が熱血教師に出会い甲子園を目指す。
まぁこんな感じかと思います

私はやんちゃ時代全盛期の中学生の頃にも見ており、その再放送を引退後に見た形にはなりますが
自分の高校生活を振り返りながら見るとまた違ったドラマの様に感じました。



ここで感じたのが、「青春」「仲間」です。
自分は高校時代、個人では結果のためにがむしゃらに頑張ったが、果たして仲間と切磋琢磨し築き上げた青春はあったのだろうか。
ふと団体競技への憧れを抱きました。

しかしボクシングが好き。
お世話になった先輩たちと一緒にいたい。

その結果出した答えが高校コーチでした。
高校コーチとして、「個人競技で仲間のために戦い合えるチーム」を作りたい。
そう決心し、ふたたびボクシング部に戻りました。



就任早々から、暴言で部員辞めさせてしまったり、OBの方、顧問の先生、他校の先生、保護者の方多くの大人の方と密に接する機会が多く本当に苦労しました
とくに簡単にチームを作るとはいえど、センシティブな高校生という年代をマネジメントするのは毎日葛藤であり、引退するその日まで結局正解は見つけられなかった様な気がします。

ですが、自分を信じついてきてくれる高校生を見て、よっしゃと毎回心の中で唱えてから
部室のドアを開ける様になりました。

コーチ3年目、慶應高校は6年ぶりインターハイ出場者を輩出(現 高校コーチ大縄)並びに県予選団体優勝を経験することができました。

これらの功績は本当に選手が頑張ってきたものだと感じています。
ですが、ここで結果以上に嬉しかったことが一つありました。
それは現 大1の桑満が言った一言です
「おれらインターハイじゃん!」
赤コーナーで大縄の手が上がり、インハイ出場を決めた瞬間が、彼がこう言いました

おれら。
この言葉は私にとってはとてつもなく大きいものでした。
ボクシングはされど個人競技。
インターハイにいけるのは1人。
そんな中、前日の試合で負け引退が決まった桑満が、他人の勝利を自分のことのように喜んだように感じました。
これこそが、自分は チーム なのだと感じました。


ぐたぐだと長くなり、何がかきたかったのか、分からなくなって参りましたが、
現役を振り返ると本当に感謝感謝の四年間でありました。
全権を委任し、時には厳しく指導していただいた佐藤監督を始め、OBの方保護者の方には大変お世話になりました。

またたくさんの気付きを与えてくれた、高校生にも本当に感謝しています。

私は来週より、卒業式間近まで、英国紳士になるべくイギリスに行って参ります。
では、OB会にて気品を身につけた小木曽を楽しみにしていてください!

お世話になりま



帰国時はこうなっているとおもいます

慶應義塾大学 商学部 4年
小木曽継
PC:keiogisojimmy@gmail.com
Mobile:keiogiso_1202@yahoo.co.jp
Number:09078127961
image1.pngimage3.jpegimage4.jpegimage5.jpegimage6.jpeg
posted by 慶應ボクシング at 16:31| ボクシング

2017年12月21日

ムエタイあれこれ

佐藤仁(さとうひとし)から不名誉な紹介をあずかりました法学部2年の相馬です。
キックボクシングを経てボクシング部に来ました。アニオタでもあります。推しの南條愛乃という声優さんがいらっしゃいまして、12月25日はライブに行きます。オタクの鑑ですね。南條さんはfripSideという音楽ユニットもやってまして、only my railgunという曲が有名です。
そういえばオタクボクサーといえば井上浩樹選手(大橋ジム)!井上尚弥選手のいとこでもあります。
入場曲はラブライブでして、そして強いというオタクとして憧れです。
一度お会いして話してみたいです。ボクシング教わりたいです。結構まじめに。

とまあそれはおいといて、自分の意思でキックボクシング(ムエタイ)をやめてボクシング部に来たわけですが、たまにムエタイが懐かしくなることがあります。そしていまだにムエタイをよく見ます。
ボクシング部員やボクシングに興味がある人なら、ムエタイという競技を一度は聞いたことがあると思いますし、少し興味もあるものだと思います。
なによりたとえば内山選手と試合したジョムトーン チュワッタナはムエタイではとんでもない強豪でしたし、少し昔のカオサイ ギャラクシーなどもムエタイ出身です。基本的にタイ人ボクサーはムエタイ出身です。ムエタイで相手がいなくなるとボクシング(タイではムエタイと比較して、国際式 と言います)に転向するのがおきまりです。
というわけでムエタイについてちょっとした話をしたいと思います。

ムエタイとはタイの国技で、まあとりあえず蹴りとパンチでたたかうよーってかんじです選手のことをナックムエといいます。急に説明だるくなってきました。やめようかしら。

とまあおいといて、特筆すべきは接近戦で肘打ちが許されることと、首相撲(バム)と呼ばれる腕を組んで相手の頭の位置を下げたりコントロールして膝蹴りを打つという技術があり、そこからこかして相手を投げたりすることもルールで認められているということです。

他のルールはボクシングと同じです。ポイント制だったり゙テンカウントだったり。
ただ採点基準が非常にわかりにくく、日本人が見てもよくわかりません。
というのも試合自体が賭けの対象であり、掛け率とも微妙に絡んでくることもあるからです。
ただパンチャー(ムエマッド)やローキックばかり打つ塩試合タイプは嫌われるのは確かです。
でも面白いのが首相撲で捕まえてひたすら膝蹴りしまくるタイプの塩試合は結構好かれたりします。
あと不器用なタイプも嫌われます。そういう人をムエターレーと呼びます(海でおぼれてるみたいな戦いという意味) 日本では不器用で運動神経が悪くても気持ちで相手をKOするような選手は日本人の精神性にマッチするのか好まれたりしますが、タイではだめです。
いかに美しい蹴り(テッ)をヒットさせ、相手から蹴られたらそれより高い打点の蹴りを打つこと、そしていかに美しく蹴りをスウェーしたりヨックバン(脛受け)してかわして相手をコントロールしていなせるかが評価のポイントとなります。また肘うちもポイント高いです。首相撲もこかしたり、膝蹴りをたくさんいれてるとポイント高いです。
結局ムエタイは芸術点の要素が強いのですね。KO決着するタイプは、賭けが成立しにくいのであまり好かれません。パンチは打ちにいくと逆にカウンターもらってKOにつながりやすいので、パンチャーは賭けるの危険すぎてギャンブラーにあまり好かれませんということです。
タイのバンコクにいらっしゃってムエタイを見るときはぜひこれらを注意して見てみてください。少しわかりやすくなると思います。
ちなみに蹴りがヒットすると観客はオオーイ!と歓声をあげます。真似すると面白いかもしれないです。
ちなみに僕は蹴りは無茶無茶得意でしたがパンチがへたくそでした。なぜボクシング部にいるんだろ。

あらかたざっと説明し終えたところでぼくの好きな選手について紹介します
センマニー ソーティエンポ選手(sangmanee sor tienpo)です

若くして(確か15歳)ラジャかルンピニー(2大スタジアム どちらか忘れました)のチャンピオンになり天才児の名前をほしいままにし、途中オリンピックを見据えてアマチュアボクシングにも転向したサウスポーのムエフィームー(テクニシャン)
現在はボクシングの練習もしつつムエタイメインで戦っているようですが、正直タイ語が読めないので正確な情報が手に入りません。ただムエタイでの天才ぶりに比べるとボクシングはあまりぱっとしなかったようです。

そんなセンマニーは童顔でアイドルのような人気が現地ではあるようです。

センマニーの特徴として全体的に目が良いことと、ムエタイ選手にしてはパンチのコンビが多彩、なんといっても左ミドルキックが芸術的にうまいというところです。
小さいころは試合中にブチ切れる様子が外から見てもわかる感じだったのが、いまはちょいキレくらいにとどめるところが個人的に面白いです。負けん気かなり強めです。良いチャイスー(戦う心)持ってます。
ということでムエタイの試合と日本人ボクサー(たぶん拓殖大の選手)とのスパーリング、練習、アマチュアボクシングの試合、あとはジョムトーンのムエタイの練習を張ってとりあえず僕のブログを終わらせていただきたく思います。次は竹内お願いします。



posted by 慶應ボクシング at 00:15| ボクシング

2017年12月18日

趣味

こんにちは。今回ブログを担当させていただく佐藤仁です。

今回は自分の趣味について紹介したいと思います。
趣味は、音楽を聴くことで最近のマイブームは「C&K」という二人組のボーカルユニットです。
二人とも非常に歌唱力が高く、CLIEVY(ひげが生えている方)の声は、最初聞いたとき、女性が歌っているかと思ったくらいハイトーンで、ハーモニーがきれいなのが特徴です。
自分の好きな曲としては、「Y」、「アイアイのうた」、「交差点」、「ジェニファー何度もあなたに恋をする」などです。
これらの曲はピアノで演奏されていて、特にイントロの部分がきれいでおすすめです。
残念ながら、今年は紅白歌合戦に出場しないのですが、歌唱力、歌詞、曲のメロディすべてクオリティが高いので、来年は出場することを期待してます。
ぜひ一度聴いてみて下さい。

以上で紹介を終わります。
次の担当はキックボクシング経験者で、オタクの相馬くんです。
posted by 慶應ボクシング at 09:31| ボクシング