2020年05月18日

新入生 安部飛雄馬のおうち時間

初めまして、今回ブログを担当させていただきます、環境情報学部1年の安部飛雄馬です。出身高校は慶應義塾高校でボクシング部の主将を務めさせていただきました。高校時代の僕の戦績は神奈川県大会では2回優勝し、関東大会に2回出場することができましたが2回とも1回戦敗退、全国大会には一度も出場できませんでした。こんな中途半端な戦績しか残せなかった僕ですが、ここから這い上がり大学では2部リーグ全勝と全日本ランカーを目指して一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今回このブログでは僕のおうち時間について書かせていただきます。元々趣味が音楽やラジオを聴くことなので、家にずっと引きこもるような生活になってもそこまで困らず、充実した毎日を送っています。

まず僕が最近よく聴く音楽を20曲選んで紹介させていただきます。
01.AS ONE / UVERworld
02.コロナ / UVERworld
03.風の日 / ELLEGARDEN
04.SISTER / back number
05.青春日記 / リュックと添い寝ごはん
06.Overflow / King Gnu
07.ヒトリノ夜 / ポルノグラフィティ
08.よふかしのうた / Creepy Nuts
09.セントレイ / サカナクション
10.ALL ALONE / UVERworld
11.白昼夢 / UVERworld
12.未来の破片 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
13.飛行艇 / King Gnu
14.五月は花緑青の窓辺から / ヨルシカ
15.栞 / クリープハイプ
16.君の瞳に恋してない / UNISON SQUARE GARDEN
17.Fly with me / millennium parade
18.7th Trigger / UVERworld
19.ray / BUMP OF CHICKEN
20.明日、また / [Alexandros]
このご時世でも家で聴いて元気になれるような曲を選ばせていただきました。僕はよく邦楽ロックを聴きます。特にUVERworldというバンドが好きでUVERworldの曲が多くなってしまいました。最初のAS ONEは最新曲でサビの爆発力がすごい曲です。白昼夢は東日本大震災の時に作られた曲で歌詞のメッセージが強い曲でぜひ聴いていただきたい1曲です。コロナの曲名の由来はウイルスの方ではなく、太陽の一部分の方で「60兆の僕の担う全ての視覚的細胞を燃やして欲しいんだ」という歌詞にインパクトがあってこの曲もオススメです。ALL ALONEと7th Triggerも高校時代から聴いていて何度も元気をもらった曲です。ゴールデンウィークにUVERworldとサカナクションのLIVEがYouTubeでライブ配信されていたので見ていたらLIVEに行きたくなりました。しばらくは曲や映像で我慢します。

次に好きなラジオについて書かせていただきます。僕は現在20の番組を毎週欠かさず聴いています。その中から3つの番組について書かせていただきます。まず僕が最も好きな番組はオードリーのオールナイトニッポンという番組です。元々オードリーのことがM-1準優勝した2008年の当時から好きだったのですが、彼らのことについて全然知りませんでした。オードリーがオールナイトニッポンをやっていることも去年知りました。それまでラジオ自体あまり聴いてこなかったのですが、去年の4月のオードリーの春日さんが奥さんにモニタリングというテレビ番組で公開プロポーズをした週に初めてオードリーのオールナイトニッポンに興味を持ち聴き始めました。その週のトークは春日さんのプロポーズの話題が中心だったのですが、若林さんが春日さんのプロポーズをいじりながら漫才のようにトークを進めていて、M-1で準優勝した芸人のラジオは伊達じゃないなと思いました。そしてもっと衝撃的だったのがその翌週の放送でした。春日さんはプロポーズに成功した翌週に週刊誌に奥さんではない女性の人といるところを撮られてしまったのです。そのことについて春日さんが謝罪をする回で、さすがに春日さんは反省していて落ち込んだ様子だったのですが、若林さんは春日さんを本気で説教しながら視聴者が楽しめるように所々ボケていたのがさすが芸人だなと思いました。この間ちょうどいわゆる春日事件から1年経ち、当時のことを振り返る放送があり、それも面白かったです。僕が聴いているラジオの中で一番安定して面白い番組だと思います。去年の3月に武道館で番組の10周年記念イベントをやっていて反響がとても良かったらしく今当時僕がラジオを聴いてなかったことを後悔しています。またこの番組のイベントがあったら次回こそ絶対に行きたいです。
次にCreepy Nutsのオールナイトニッポン0という番組について書きます。Creepy Nutsは日本一のラッパー R指定と世界一のDJ DJ松永の二人のHIP HOPユニットで、先程紹介したオードリーの武道館のイベントのテーマ曲 よふかしのうたも担当し、今注目のアーティストです。この二人のラジオのいいところは庶民のリスナーに寄り添った話をしてくれるところです。ケンタッキーのチキンがうまい、あの女優さんが可愛い、行事についての話など庶民リスナーでも共感できるような話が面白いです。ラジオでケンタッキーの話をしていたらCreepy NutsにケンタッキーのCMが来たり、松永さんがDJの世界大会初優勝を宣言したら見事有言実行したりなど、このラジオには夢があり聴いていてワクワクすることもたくさんありました。松永さんのマシンガントークは必聴です。また、HIP HOPのおすすめの曲を紹介してくれるので、今までそこまでHIP HOPについてあまり知らなかったのですが、このラジオを聴いてからHIP HOPの曲も聴くようになりました。今年の2月に中野サンプラザで番組のイベントがあり、僕はそれに参加することができました。前半はこのラジオに関する企画をやり、後半はCreepy Nutsがアーティストとしてライブパフォーマンスを披露してくださりとても楽しいイベントでした。このラジオも聴き始めて1年経ちましたが全然飽きません。この番組がきっかけでCreepy Nutsと菅田将暉が楽曲でコラボすることも決まっており、その曲がリリースされるのも楽しみです。菅田将暉のオールナイトニッポンも俳優のラジオとは思えないほど面白いのでおすすめです。また、芸人の三四郎とも交流があり、お互いのラジオでそれぞれについてトークすることもあるので、そちらの今後の進展についても気になります。
最後に文化放送で放送されているレコメンという番組について書きます。この番組は僕がラジオにハマる前から唯一聴いていた番組です。もう聴き始めてから3年たちました。この番組のパーソナリティーは基本は芸人のオテンキのりという人がやっていますが、時間帯や曜日によってのりさんの他に坂道グループの女性アイドルの方と二人でラジオをやっています。元々は欅坂46の菅井友香という人が好きでこの番組を3年前に担当するようになったのがきっかけで聴き始めました。しかし、今はオテンキのりさんのトークや番組の企画にも惹かれてこの番組自体が好きになりました。この番組は10代向けの番組なのですが、リスナーのほとんどがクラスのいわゆる5軍の控えのポジションの人で構成されております。僕もクラスで5軍の控えです。パーソナリティーのオテンキのりさんは6軍のエースという設定です。この番組はよくリスナーに生放送中に電話をかけます。普通のお悩み相談をする時もあれば、5軍の控えリスナーによる歌うま選手権や猿になりきるお猿さん選手権など地獄のような企画をやることもあります。とてもくだらない内容ばかりですが、そこがラジオらしくて面白く、日頃の辛いことなどを忘れられるような番組です。この番組はイベントがとても多く自分も2回公開収録に参加したことがあります。のりさんがリスナーと深く交流してくれてイベントがアットホームな雰囲気になります。この4月から半年限定で番組の時間が1時間延長され、のりさんが一人でその1時間色々な意味で深い内容のラジオをやっているのでそれも楽しんでおります。
まだ書きたい番組がたくさんあったのですが長くなってしまったのでラジオの話はここで終わらせていただきます。

最後に他に僕が家でやっていることについて話します。基本はこれからの大学生活に向けて本を読んで勉強しています。特にIT関係の本をよく読んでます。またトラペジウムという小説を僕はお勧めしたいです。この本は乃木坂46の高山一実という人が書き、平成世代に売れた本のランキングで1位を獲得しました。おそらく人気アイドルが書いたという理由だけで売れたわけではないと思います。僕はこの本を読むまで本が嫌いで高校生活で1冊も本を読んでませんでした。しかし、本嫌いの僕でも読むことができる程わかりやすい表現や描写で内容も面白いのですぐに入っていきました。僕はこれをきっかけに本を読むようになりました。今年の4月24日に文庫本が発売となり、登場人物のイラストつきになったのでぜひそちらの方を買っていただきたいです。
なぜ僕がここまでこの本を勧めているかというと乃木坂46が好きで自分の推しメンが高山一実さんだからです。今年のゴールデンウィークに乃木坂46の白石麻衣さんが卒業コンサートをやる予定でしたが、延期になってしまいました。そこで本来やる予定だった日程に3年前の乃木坂46の東京ドーム公演を運営の方がYouTubeでライブ配信してくださり、僕はそれを見ました。実は3年前僕はそのライブに実際に行ったのですが、改めて見ても楽しくて、死んでも白石麻衣の卒業コンサートに行きたくなりました。
また僕は日向坂46も好きで、毎週日曜日の日向坂46の冠番組をオードリーが担当していて面白いので見ています。日向坂46はオードリーがアイドルとは思えないと認めるほどバラエティーへの積極性があって応援のしがいがあります。日向坂46の推しメンは河田陽菜さんです。日向坂46も12月に東京ドーム公演が決まっていて、僕はそれを楽しみにしています。

長々と趣味の話をしてしまいましたが、僕はこんな感じで楽しくおうち時間を過ごしています。もちろんこれらのことはボクシングの練習をしたうえでやっています。こんな状況ですが自分のレベルアップのために頑張っていきたいと思います。このブログを読んでいただいた皆様、どうか慶應義塾体育会ボクシング部、慶應高校ボクシング部の応援の方をよろしくお願いします。

次回は生粋のギャンブラー池田さんです。
posted by 慶應ボクシング at 17:32| ブログ

2020年05月15日

無駄についての無駄話

こんにちは。
今回ブログを担当致します、現在副将並びに、文学部4年の桑満隆生です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。私は随分と時間ができたため、今までは忙しく、あまり見なかったテレビや新聞からニュースを仕入れています。
ニュースの中で、面白い話題がありました。「新たな日常」です。

私は様々な事を深く考えることが好きで、文学部での専攻は哲学科倫理学です。この「新たな日常」という言葉から、徒然なるままに考えていきたいと思います。長文になることが予想され、恐らく無駄な話となるでしょう。お時間がある方は最後まで読んでみて下さい。

「新たな日常」とはどんな日常のことなのでしょうか。いろいろな解釈があると思いますが、ここでキーワードになるのは「不要不急」なのではないでしょうか。
私は「新たな日常」、拡大解釈すると新しい世界や時代、では不要不急なものが淘汰され、少なくなったり無くなったりするのではないかと思います。これは実際に起こっていることです。不要不急であったもの、今は求められていない、つまり「無駄」がだんだんと消え始めています。しかし、これは仕方がないことです。多くの人に求められているものが生き残るのが自由経済で資本主義です。

無駄なものは本当に無駄なのでしょうか。無駄とは無意味であり無益であり、不必要であるのか。実際その通りだと思いますが、ここで明確に区別をつけなければならないのは、無駄は悪ではないという事です。この話については少し長引きそうなので止めます。

人間の発展において、無駄はとても重要になってくると思います。無駄なことができるのは豊かだから、無駄をするために豊かになろうとする。そう私は考えました。無駄が人間を発展させているのです。無駄は文字通りの無駄ではないのです。

これからの時代は無駄を少なくさせようとする動きが活発になるでしょう。ある程度余裕ができればまた、無駄が求められる時代になると思います。そして、無駄が求められる時代にしたいと願います。

「新たな日常」は無駄が少なくなる、貧しい日常になるかもしれません。しかし、私たちが求めるべきものはそれを超え、もう一度無駄が求められる「ポスト新たな日常」です。
恐らく、(現在は雲行きが怪しいですが)来年私は社会に出ます。大変な時代かもしれませんが、ポスト新たな日常を求め、頑張っていきたいと思います。

では、本当に無駄である無駄はなんでしょうか。私は答えを知っています。それは私の長すぎる昼寝だと思います。

以上、私の長い無駄話を終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただき有難う御座いました。

次回は名門塾高ボクシング部からの刺客pt.1
「安部飛雄馬」
〜煮えたぎる熱い魂を拳に乗せて〜
です。
posted by 慶應ボクシング at 18:32| ブログ

2020年05月13日

愛犬

お世話になっております。
今年で4年になりました古山皓介です。

新型コロナで活動自粛期間が続いており、家で過ごす時間が増えたと思いますが、皆さんどのように時間を使っていますか?
僕は自粛期間中は犬を可愛がる時間を費やしています。
実家でトイプードルを2匹飼っているのですが現在帰省中で実家にいるため普段なかなか会えない分この期間にたくさん可愛がってます。
今回その可愛がっている愛犬を紹介させていただきます。
写真の前にいる小さい白い犬がポワンです。ポワンは散歩を始めてすぐに抱っこを要求する甘えん坊で大きい犬にも怖がらない気の強い子です。
後ろにいる大きい方がラフです。ラフは散歩が大好きでポワンより大きいけどビビりで臆病な子です。
小型犬の散歩時間は約30分、大型犬は約1時間で足りると言われているのですが1〜2時間程度散歩しないと満足してくれないくらいラフは散歩が好きです。
おかげでポワンを1時間以上抱っこしながら毎日散歩するはめになっていますが、自粛期間中のストレス発散の場にもなっています。
ストレスが溜まる自粛期間中の散歩はオススメです。

S__11870251.jpg

次はshakur stevensonを目指してる桑満くんです。
posted by 慶應ボクシング at 09:32| ブログ