2018年05月13日

新入生自己紹介 大野隼士

初めまして。今回ブログを担当させていただきます商学部1年の大野隼士(おおのはやと)と申します。出身高校は東京都の獨協高等学校です。

僕は小学生の頃から格闘技に関心があり、中学受験の勉強をしながら、YouTubeでムエタイの動画などを見て憧れたり二の腕にミサンガをつけて真似をしたりしていました。無事中学に入ったものの、そこにあった格闘系の部活は剣道と柔道しかなかったので僕は道具を使わずに戦う柔道部を選びました。
月曜日から土曜日まで週6練習のある柔道部で切磋琢磨練習を繰り返していたある日のこと、顧問の先生が話の流れの中で、「柔道家は殴られるとよわい」とのひとことを発しました。(ちなみにその先生は柔道の七段を所有しており白帯、黒帯のその上をゆく紅白帯というあまり御目にかかれないようなすごい帯を締めていました。)僕は人と喧嘩をするつもりなど端からないのですが、どうせなら人に負けないようになりたいと思っていましたので、パンチを使う格闘技にまた興味が戻ってきました。
大学受験生になり、学校での成績がなかなかの底辺だった僕は部活引退後本気で頑張って慶應に入り、このボクシング部に入部しました!

大学生活を始めてみて、このままろくに目標も持たずに暮らしていたら腐ってしまうと思った僕は今、自分で自分にこのボクシング部で試練を課すことでとても充実して過ごすことができています。これからも頑張って強くなるとともに、様々な面で成長してゆきたいです。よろしくお願い致します。

次のブログ担当は、中国、アメリカに居住経験を持つ、ニューヨーク校出身トリリンガル杤尾(とちお)くんです。どうかお楽しみに。
posted by 慶應ボクシング at 22:53| ボクシング

2018年05月07日

新入生自己紹介 上田竜司


はじめまして。

今回のブログを担当させていただきます、経済学部1年の上田 竜司(うえだ りゅうじ)です。

私は幼稚園の年長さんから中学2年まで極真空手をやっていました。
小学1年の全国大会でかの有名な那須川天心と2回戦にて激突、開始13秒で瞬殺されました。その時から強かったのですね彼は。昨夜のRIZINでの彼の試合をYouTubeにて拝見しましたが、あのカウンターでの胴回し回転蹴りは大迫並みに半端なかったです。
また中学2年のとき、私はなんやかんやでインド代表として、極真空手の全世界大会に出場。そしてその大会をもって、一旦極真空手から離れました。

私は正直自分の運動神経には多少の自信を持っていました。実際、インドでの5年間(小4〜中3)ではあらゆるスポーツに関わる機会があり、またその多くである程度の結果は残せていたので、もし一つのスポーツに絞って練習すれば自分はプロの域にいけると当時は本気で思っていました。
しかし帰国後、満を持して入部したサッカー部で、超攻撃的サイドバック、自称「国際のマルセロ」として3年間サッカーに勤しみましたが、思うような結果が残せず引退しました。淡々と書きましたが、これがとても悔しかったです。

サッカー部の引退後、このままでは終われないという気持ちから再び格闘技へ、また父の影響から今度はボクシングでの挑戦を決めました。
私が勤しんできたものの中で最も年月があるものは格闘技です。小学4年からインドに引っ越したため、その後は練習環境のクオリティは低下したものの、9年間の格闘技歴があります。多少のブランクはあるにせよ、人生の約半分のキャリアなので、自分のプライドにかけて、やるからには負けたくないです。
ボクシングで自分がどこまでやれるのか、おそらくスポーツにおいては人生最後の挑戦となるこの大学の4年間でどこまで這い上がれるのかを試してみたく、入部を決意致しました。

そのように高校3年時、意気込んでおりましたが、まさかの浪人というアクシデントがあったため、1年入部が遅れてしまいました。しかし、その分募った1年越しの想いがやっと叶ったので、今人生楽しいです。

まだまだ未熟な自分ではありますが、口だけの男で終わらないよう力の限り努力しますので、どうぞ応援のほどよろしくお願い致します。


次のブログ担当は、ガタイがいい大野君です。
posted by 慶應ボクシング at 23:58| ボクシング

2018年04月30日

新入生自己紹介 アーウィン海

はじめまして。
ボクシング部新一年生のアーウィン海(かい)です。現在商学部に通っており、日々充実した生活を送ってます。

さて、私がボクシング部に入部した理由としましては2つあります。

1つ目の理由は、高校時代に不良と絡んだ経験があったからです。喧嘩はなんとか回避したものの、喧嘩寸前の段階まで行きました。そこで私はいざこういう場面に遭遇した時の自分の弱さを痛感しました。このような場面で使える格闘の技術を身に付けたいと思いボクシング部に入ろうと思いました。

2つ目の理由は、2017年の夏にあったメイウェザー対マクレガーの試合の中で見た高い技術に魅了されたことです。その試合を見る以前はボクシングは力ずくの殴り合いというイメージしかありませんでした。この試合を見た後は技術で人を倒せることを知り、ボクシングに興味を持ちました。

続きを読む
posted by 慶應ボクシング at 00:43| ブログ